闘争本能とテストステロン

よく「闘争本能」という言葉をわれわれは使うことがあります。
今回は、この闘争本能について考えていきますが、その前にまずは本能から考えます。
そもそも本能というのは、動物が生来持っているとされる性質のことで、動物はこの性質に従って行動をします。
この説明自体あまり論理的ではありませんし、この概念自体が説明に役立つものではありません。
つまり、あらゆる事象を「本能」で片付けてしまうことができるからです。
こういったことから、専門的な分野ではあまり本能という言葉を使う傾向にありません。
専門的な分野では使用しませんが、一般的には多く使用されています。
その代表例というと、闘争本能や母性本能というものです。

ただし、一般的に使用する際にも、注意が必要です。
前述のように、本能は説明に役立つものではありません。
そのため好ましくない人間の事象を、全て本能のせいにしてしまうという論理にいきがちになるからです。
闘争本能とは直結していないものの、関係性があるとされているのが「テストステロン」です。

これは男性ホルモンのことで、男性は睾丸から女性は卵巣から分泌されています。
この作用としては、筋肉を増やしたり、性衝動を増進させるなどの作用があります。
男性ホルモンの一種と聞くと、性ホルモンとしての側面が強くでてしまいますが、闘争本能との
因果関係も忘れてはいけません。
テストステロンは、筋力トレーニングをしているときや、闘争中などの不安定な
心理的興奮状態において、多く分泌される傾向にあります。

このホルモンによって、闘争本能が高められていくのです。
さらに、このテストステロンが発する匂いというのを女性は遺伝子レベルで感じます。
この匂いに女性はひきつけられてしまうことから、テストステロンは別名「モテホルモン」とも言われております。
世の男性ならば、テストステロンの匂いを振りまきたいところですが、その量の半分は
遺伝によって決定されております。

それでもあきらめきれないという方は、生活習慣や考え方によって、その量を増やすこともできます。
前述したように、筋力トレーニングをすることはもちろん、適度に栄養補給をして、よく睡眠をとります。
さらに大きな自信を持ったり野望を持ったりすることでも、テストステロンの分泌は促されます。
しかし20代前半をピークに、テストステロンの分泌は減少するので、闘争本能の塊な人も、やがては温厚になるのです。

ところでみなさんは風俗に興味はおありでしょうか?
今回紹介したいのは広島風俗と呼ばれるものです。
広島風俗を紹介しているサイトも多くございますしこれまで関心がなかったという方も
広島風俗を一度体験したらきっとはまってしまうと思います。
広島風俗では様々なサービスをご提供しておりますのできっと楽しんで頂けるのでは
ないかと思っております。広島にお越しになる機会があれば是非一度お試しください。

風俗は働く女の子たちにもメリットが多いお仕事です。
高時給・高収入が見込めますし、短期間で稼ぎたい女の子にはピッタリです。
また、自分の好きな時間、好きな場所で働けるので自由度が高いお仕事とも言えます。
忙しくてあまり働けないけど、お金をガッツリ稼ぎたい!という人には嬉しいですよね。
風俗店は全国どこにでもありますので、働く場所には困らないでしょう。
都心から離れた場所、例えば北海道でも風俗店はあります。
北海道の場合は、札幌を中心に、女の子達が良い仕事を求めて集まってきます。
どうせ働くなら優良な求人を選びたいですよね。
そんな時は札幌風俗求人を活用しましょう。
札幌風俗求人には高収入で好条件のお仕事のみを紹介してくれます。
これなら余計な時間をかけずに、自分にピッタリな仕事が見つかります。
風俗店での仕事に興味を持ったら、札幌風俗求人で仕事探しをしてみましょう。